Eテレ大好き!!

井伊テレ子がEテレの子ども番組や特撮・アニメの感想をぐだぐだと書き綴ります。

「おかあさんといっしょ」2017年6月のうたは可愛い梅雨ソング『あめのひドキドキ』

「おかあさんといっしょ」2017年6月のうたは梅雨入りしたこの時期にぴったりの『あめのひドキドキ』です。

雨の日のちょっとした変化をドキドキワクワク楽しむ子どもたちを歌ってます。井上雪子さんのイラストアニメーションが可愛らしいのなんの。

 

『あめのひドキドキ』

作詞:浦野紘彰
作曲:牧野奏海
アニメーション:井上雪子

歌詞:https://www.nhk.or.jp/kids/pv/song/oka_so1706_ame.html

 

 

 

あめの日を楽しむ歌

 

今月のうたはタイトルからして、梅雨です!雨です!6月なんです!って感じです。季節感あります。

で、6月になって「おかあさんといっしょ」でこの歌『あめのひドキドキ』が流れはじめて、その瞬間まず思ったのが「うわ、今月のうた『えいごであそぼ』とかぶった!」でした(笑)

 

というのも、今月の「えいごであそぼ with Ohton」のマンスリーソングも梅雨時期を楽しもうっていう歌なんですよ。雨粒を楽しもう、水たまりで踊ろう、と。しかも『あめのひドキドキ』と同じくイラストアニメーションの映像が流れます。雰囲気も可愛い『Drip Drop』です。

 

いや、かぶったからどうってわけじゃなく、むしろ季節ネタがたくさん出てくるのは情操教育的にも大歓迎です。

そもそも梅雨時期だからってどの番組も雨を歌うとは限らないし、雨を題材にして曲を作ろうと思ったところで、作り手によっていろんな視点で全く違う歌が出来上がってくるはずで。

これまでの「おかあさんといっしょ」の梅雨の名曲のなかでは、カエルが主役の『あめふりりんちゃん』とか、長靴をキャラクターに仕立てた『ながぐっちゃん』なんてのもありました。

 

それがなんとまぁ、今回の2曲はそろって子ども目線で、雨の季節を楽しもうってテーマ。ここまで重なるのはむしろ貴重なんじゃないかって思いました。

ふたつの番組で事前にネタかぶりを打ち合わせているわけもないので(笑)偶然なんだろうけど思いがけず、これら2曲を聞き比べるっていう楽しみ方もできたなぁって感じです。

 

 

『あめのひドキドキ』では雨が降ることで日常にちょっとした変化が起きているのを、ドキドキしながら楽しんでいます。いつもとちがう音、いつもとちがう色。そして水たまりのなかに映るさかさまの世界。

どんよりとした曇り空から降り続く雨、憂鬱にも思える季節が、この歌を聞くことで一気に光を帯びてキラキラと輝きだすようです。

 

そういえばうちの5歳坊主やそのお友達、幼稚園からのお迎えに行くと濡れるのも構わず、長靴で勢いよく水たまりにじゃぶじゃぶ突っ込んでいきます。母たちからしてみたらヒーやめてー!みたいな状態なんですけど、彼らの目にはきっと雨がとってもキラキラしたものに映っていることでしょう。

『あめのひドキドキ』がラストで歌っているように、まさにその世界のすべてが「あめのひ みつけた たからもの」。

そんな純真な子ども心をも思い出させてくれるような、素敵な曲です。

 

 

井上雪子さんが紡ぐ可愛らしい世界

 

そしてアニメーションが井上雪子さん。好きです。(告白か。)

「おかあさんといっしょ」では2016年2月のうた『キミといっしょに』や、2014年1月の『冬の娘リッカロッカ』あたりがありますかね。

今回はいっそうあどけなさを感じるキャラクター造形で、その可愛らしさがもはや凶器です(笑)

 

そして個人的には井上雪子さんっていったらやっぱり『恋なんです』!!

「みんなのうた」2015年4-5月の楽曲なんだけど、確か今年に入ってからもまた再放送されてたなぁ。初恋になるかならないかぐらいの淡い恋心を歌ってるんですけどね。井上雪子さんのアニメーションがその青さを絶妙に表現してくれてるんです。

主人公の女の子に芽生えはじめたその想いにキュンキュンしつつ、のどの奥を掻きむしりたくなりそうなむず痒さに身悶えするという。歌の世界がこれほどまでに伝わってくるのは、歌詞が良いのももちろんあるんだけど井上雪子さんが表現しているアニメーションの力が結構大きいです。

ハマったら頭んなか回りだします。♪恋なんです恋なんです、それがこーいなーんですー♪

 

『恋なんです』の登場人物絵はちょっと目がきょろんとした感じで味わいがあるというのかな。可愛らしいだけじゃなくてひょうひょうとした面白さがあるキャラクターデザインですよね。

今回の『あめのひドキドキ』では、それを考えるとあえてクセは無くして、可愛らしさとあどけなさに特化してます。顔のパーツを下に寄せて頭は大きく、黒だけの大きなまんまるおめめ。

しかし逆にそれが子どもたちの素直さを伝えてくれてるような。なーんにも考えてないみたいな表情が、ありのままの事象をそのまま受け止める純粋な気持ちを表してくれてるかのようです。

 

こちらが井上雪子さんの公式サイト。

Yukiko Inoue Web Siye http://sunday.ciao.jp/

ここに掲載されてるお仕事実績は一部みたいですね。代表作に『恋なんです』は載ってなかった(笑)

 

ちなみに井上雪子さん、FacebookやTwitterも使って発信してらっしゃいます。

昨年9月に娘さんをご出産されて、0歳児抱えながらの制作なのだそうで。Twitterのつぶやきを拝見してると、寝返りされて布団が狭いとか疲れて親子3人一緒に昼寝してたとか、わりと日常が垣間見えるので勝手に親近感が沸いてます。

保育園が決まる前は預け先をやりくりしながらお仕事されてたみたいで、そんなこんなの努力や葛藤のおかげでこんな素敵なアニメーションを見ることができてるのだなと。

誰しも才能だけじゃないんだよねと思ったりしました。

 

いろんな絵で出没。

 

関連記事

「おかあさんといっしょ」2017年5月のうたはひとりひとりの個性の大切さをほのぼの歌う『とり』 - Eテレ大好き!!

「おかあさんといっしょ」2017年4月のうたは白さがまぶしい『そよかぜスニーカー』 - Eテレ大好き!!

 

森山直太朗さんが歌唱に声優に大活躍しまくりの「みいつけた!」DVDが2017年6月21日発売

本日「いすのまちのコッシー」の新しいDVDが出ました。

 

最近出てきたキャラクター、オスワル王子のお父ちゃんとか、落語家っぽいたい焼きやさんとか、妖怪てけばあとかが入ってます。

このアニメーションはぬいぐるみのコマ撮りなので、ほわーんとした優しい画面なんです。ほのぼのと見れるので小児科の待合室とかで流しといたらいいんじゃないかと思います(笑)

 

みいつけた! いすのまちのコッシー ミュージカレー
2017年6月21日発売
「いすのまち」DVD第5弾は歌とお話がてんこもり!!
【声の出演】
高橋茂雄(サバンナ) 三宅弘城 篠原ともえ むたあきこ 古島清孝 内田 慈  森山直太朗 DAIGO 高橋真麻 山口智充  林家たい平 木野 花 トータス松本 市村正親

 

えーといきなり小児科とか思いついたのはですね。

 

このところ学校や幼稚園での検診があって、そのたびに坊主どもが要診察っていう紙をもらってくるんですわ。なのでいろんな病院に行きまくってるんですよ。(虫歯とか鼻炎とか視力低下とかそんなに大したものはないけど)

そしたら、子どもが来ててキッズスペースがあるような病院って、だいたいアニメのDVDがかかってるんですよね。ドラえもんとかトムとジェリーとか妖怪ウォッチとか。以前には「いないいないばあっ!」が流れてたとこもありました。(しかもすごい古い映像で、坊主どもはこのお姉さん誰?みたいな状態だった)

 

けど「みいつけた!」が流れてる病院はまずないなーと思ったんですよね(笑)。まぁ、もっと小っちゃい子に見せるためと思ったら当たり前なんだけどね。

だいたいサボさんやらオフロスキーやらアクの強いキャラを見せられたら、ぐったりした子どもには刺激が強すぎです。余計悪化するんですけど。みたいなことになりそうです。

 

なのでぜひこの「いすのまちのコッシー」を待合室に。(どんな売り文句だ)

 

 

 

 

歌は森山直太朗、声も森山直太朗

 

今回の「いすのまちのコッシー」第5弾DVD、わりと森山直太朗推しです。

というのも特典映像に『みんなおんなじ』がついてきてるんです。森山直太朗さんが「みいつけた!」のエンディングに書き下ろして自ら歌った曲ですね。

作詞:森山直太朗、作曲:森山直太朗、歌:森山直太朗ということで、森山直太朗を数の単位とするならばここでまず「3森山直太朗」です。

 

そして森山直太朗さんは「いすのまちのコッシー」の世界のなかで、おまわりさんのセモタロウさんを演じています。収録作品では「いすのおまわりさん」とか「れんぞくキュウリじけん」に出ているかな。

声の出演:森山直太朗ということで、さらにひとつ追加して「4森山直太朗」。

 

そろそろ一体なぜ森山直太朗をカウントしているのか分からなくなってきましたが、とにかくDVD紹介にやたら「森山直太朗」って出てきます。

ほかの出演者のみなさんがひとりひとつだけ名前を掲載しているなか、これは目立ちます。直太朗大活躍の巻です。

 

ちなみにこの「みいつけた! いすのまちのコッシー ミュージカレー」、過去のDVDと比べると歌が多くてお得というのかな。

いつもはせいぜいおまけに2~3曲ついてるぐらいの印象なんだけど、「デテコデショー」をまとめて取り上げて8曲収録されてます。表題作の「ミュージカレー」も、アナウンサーのマーナさんを中心にひたすら歌ってるようなお話だったし、全体的に歌成分が多いような気がします。

それに加えて特典映像の『みんなおんなじ』も「みいつけた!」の番組そのもののテーマソング。そういえばこれ、セモタロウさんがいすのまちを歩いてたくさんのキャラクターたちと出会っていくような「いすのまちのコッシー」のアニメーション映像でした。

 

マーナさんの高橋真麻さんに、ダン先輩こと山口智充さんも歌ってくれてますし、これだけ歌が充実しているのは森山直太朗さんをはじめとしてさまざまなジャンルの才能が「みいつけた!」に関わってくれたおかげということでもありますかね。

 

 

暴走をつづける「みいつけた!」

 

「いすのまちのコッシー」は子ども向けのほんわかストーリーなので、いろいろな方が声の出演を引き受けて下さってます。今回で言うと、林家たい平さんとか市村正親さんとかが新しい顔ぶれになりますね。

声優さんだけではなく、芸人や舞台俳優、シンガーソングライターにアナウンサーに、落語家に実力派ミュージカル俳優。よくぞこうも幅広いジャンルから「みいつけた!」に参加してくれたなぁと感心するほどです。

 

おそらくはNHKの子ども番組だから、声の出演だから、ということで頼まれた方も快く引き受けやすいんでしょうね。

しかし一度引きずり込んだのをきっかけに、どんどん絡めとっていくのが「みいつけた!」(笑)。声の出演をしていた方が、おかしな扮装をさせられて実写で出演する羽目になったりします。

 

最近では市村正親さんですよね・・・。トゲちかさんが映るやいなや、なんでアナタこんなとこに出てんですか!?と関係各位から総ツッコミが入ったんじゃないかと推測されますが。うん、とっても素敵でした、トゲちかさん。

 

なので、声だけの出演とはいえあなどれない。次は誰がその餌食になるのか楽しみです。

そうだなー次はいっそ森山良子さんとかどうでしょうかね。あわてん坊のセモタロウさんにツッこみ入れる近所のおばちゃん役とか。

のんびりした優しい口調でビシッとセモタロウさんたしなめるイメージだな。

そんで「サボ子のおうち」で親子共演すると。最後は結局みんなで一緒に歌って美麗なハーモニーで終わるみたいな。

 

どんな話だソレ(笑)

 

カレー食べたい。

 

関連記事

「みいつけた!」2017年5月の新曲はさぼえちゃんとサボ子さんが歌う『トゲトゲ・シンデレラ』 - Eテレ大好き!!

2017年度の「みいつけた!」、「からだてんけんたい」が終了し、ダツイージョによる「よんだんす」へ - Eテレ大好き!!

「みいつけた!」2017年3月の新曲は、派手な空間で宇宙人になって踊る『はじまりバーン!』 - Eテレ大好き!!