読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Eテレ大好き!!

井伊テレ子がEテレの子ども番組や特撮・アニメの感想をぐだぐだと書き綴ります。

「おかあさんといっしょ」2016年4月のうたは小野あつこお姉さんがフレッシュに登場『あおうよ!』

「おかあさんといっしょ」2016年4月のうたは『あおうよ!』です。

 

2016年度が始まった「おかあさんといっしょ」では、数年ぶりにオープニングテーマ曲がかわり、子どもたちが収録を行うスタジオの背景セットも一新。

小野あつこお姉さんが加わり、気持ちも新たにフレッシュなスタートとなりました。

 

そして今月のうたとして流れはじめたのが、これまたフレッシュな雰囲気ただよう2016年4月のうた『あおうよ!』です。

「あッ!」「OH!」「ウゥ~♪」と、さりげなくマンボ調になってる勢いのある掛け声が、心ウキウキはずむような空気を醸し出してくれてます。

 

『あおうよ!』

作詞:もりちよこ
作曲:速水けんたろう
編曲:池 毅
振付:大田洋子 

歌詞
http://www.nhk.or.jp/kids/pv/song/oka_so1604_aouyo.html

 

 「こ・ん・に・ち・わーいわいわいわーい♪」とか「さような、らーいらいらいらぁーい♪」みたいな繰り返しの語尾のリズムも、楽しくて耳に残ります。

 

 

 

 

作曲は速水けんたろうお兄さん!

 

『あおうよ!』では作曲を速水けんたろうさんが手掛けています。かつて「おかあさんといっしょ」で茂森あゆみお姉さんとコンビを組んでいた、8代目歌のおにいさんですね。

歌のお兄さんで作詞・作曲する方といえば、何と言っても7代目の坂田おさむさんがまず挙がります。

だけど、この速水けんたろうさんに関しては、あまり歌を作られる方だというイメージはなかったんですよ。
なので、名前を見たときは「え?坂田おさむじゃなくて?速水けんたろう?そっち!?」ってなりました。それぐらい意外でした。

 

ちなみにこの速水けんたろうお兄さんの時代はちょうど「おかあさんといっしょ」は見てない時です。
そういえば『だんご3兄弟』を歌ってる姿を紅白歌合戦で見たなぁとか、その程度の記憶。

むしろどっちかというとこの速水けんたろうって名前、歌のお兄さんというよりは「オーレンジャー」や「カーレンジャー」の挿入歌を歌ってた人、というイメージかもしれない(CD持ってる・・・)。

 

そんな速水けんたろうお兄さん、その後は交通事故を起こして活動を自粛されるという期間もありましたが、昨年あたりからまた本格的に、子ども向けのイベントなどに登場されていますね。

2015年度の「おかあさんといっしょ」ファミリーコンサート『じゃがいも星人に会いたいな』にも声で出演していたのが、記憶に新しいところです。

 

きっとその流れもあって今回の『あおうよ!』の作曲を手掛けることになったんだろうと思います。もしかしたら親交のあるもりちよこさんの後押しもあったのかもしれませんね。

ということで、歌い手としてもこれまで「おかあさんといっしょ」で共にたくさんの曲を創り上げてきた、作詞のもりちよこさんとタッグを組んでの登場です。

 

小野あつこお姉さん、今月のうたに初登場

 

そして2016年度から就任した新たな歌のおねえさん、小野あつこさんが初めて今月のうたに登場しました。

あつこお姉さん初々しすぎて目が離せません。

 

特にココですね。

 

うるうる しちゃうの どうしてかな?

きみと ずっといっしょ だったらなぁ・・・

 

この歌詞の部分なんですけど、その直前までの皆で大笑いしてはしゃいでる光景から、小野あつこお姉さんが左へ歩いていきすこし離れて、ベンチに座る・・・という演技が入るんですね。

楽しい時間が過ぎちゃって、ちょっとしゅんとなる、っていう気持ちをあつこお姉さんがひとりで表現します。

 

めっちゃ慎重に歩いていくあつこお姉さん。ぎこちなさ過ぎてドキドキします。

座るときも、位置を間違えないように・・・間違えないように・・・みたいな。緊張感がこっちまで伝わってくるような。

 

小野あつこお姉さん、声楽をされてて歌に関しては申し分ないキャリアの持ち主ですよね。
児童館で子どもたちに歌ってたというようなお話もされてましたし、きっとステージに立つような経験はこれまでに何度もあったんだろうと思います。

でも踊りながらとか、演技しながらとか、ましてやテレビカメラに映される自分の立ち位置を確認しながら、歌うような経験はおそらくしてきてないんじゃないかと。

その経歴の違いがきっとこの緊張感につながっているんだろうなーという感じです。 

こっちまでハラハラドキドキしてしまって、はじめてのおつかいを物陰からそっとのぞく保護者みたいな気分で見守ってしまいました。

 

 

あつこお姉さんに関しては登場初日のっけから、エンディングで子どもたちの波にのまれてしまい、横山だいすけお兄さんにガッ!と腕をつかまれ助けられるという名シーンを生み出してくれました。

ラストの「トンネルの向こうは~」のところで右手と左手どっちから出すのかわからなくなっているというのも何度か見ました。

一見ソツがないようにも見えますけど、そこから推測するに、けっこうそそっかしくて危なっかしい感じのお姉さんなんじゃないかと。ふふふ。

今は緊張しまくりの新人さんという感じですけれど、いずれ慣れてきた頃に何か思いもよらないようなことをやらかしてくれるキャラなのではないかと密かに期待しています。

 

 

たくみロスにはこちらを。

 

関連記事

「おかあさんといっしょ」にT.M.Revolutionの西川貴教さんが声の出演。初登場は4月27日(水)です - Eテレ大好き!!

「おかあさんといっしょ」2016年度新人形劇『ガラピコぷ~』スタート週のあらすじと感想 - Eテレ大好き!!

ありがとうポコポッテイト!新生活スタートへの希望あふれる最終週を見届けました - Eテレ大好き!!

「おかあさんといっしょ」三谷たくみお姉さん卒業、ラストメッセージは3月31日(木)です。 - Eテレ大好き!!