読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Eテレ大好き!!

井伊テレ子がEテレの子ども番組や特撮・アニメの感想をぐだぐだと書き綴ります。

「映画『はなかっぱ』 花さけ!パッカ〜ん♪ 蝶の国の大冒険」地上波初登場!

2015年3月8日の夕方16:00から、Eテレで「はなかっぱ」の映画が放送されてました。
わが家では事前に5歳坊主がテレビの番組表をスクロールしていて、放送予定があるのをたまたま見つけたようです。気づいたらなんか勝手に録画予約までしてあるし(笑)

16:00が近くなると5歳坊主、テレビの前に座ってしっかりとスタンバイ。はじまってからは3歳坊主も一緒に座って、何事かと見はじめました。
おもしろかったらしく、結局最後までふたりで並んでおとなしく見てましたねぇ~。

 

 

 

はなかっぱたちの冒険と、豪華スペシャル声優陣

いつもはやまびこ村でのほほ~んと暮らしている、はなかっぱたち。
そこで起こる出来事もだいたい、おつかいを間違えたとか、夕飯が豆ごはんで喜んだとか、授業参観でお母さんたちの服装がかぶりまくってたとか、もんのすごくささやかな日常のことばっかりですね。
がりぞーやアゲルちゃんがはなかっぱの頭に咲く「わか蘭」を狙いに来るので、たまにピンチになることもありますけど、傍から見れば子ども同士がじゃれあってるストーリーでしかありません。

今回の映画ではそんなはなかっぱたちが大冒険。なんとお母さんたちが村からさらわれてしまって、子どもたちが奪還のために立ち上がるんですねー。途中でアリジゴクに引きずり込まれそうになったり、クライマックスでは大蜘蛛とバトルがあったり、なかなかに盛り上がる50分間となっております。

それでもはなかっぱが花を咲かせようといつも通りに「春夏秋冬~♪」と踊ると、「効率悪いぃよ!」とツッコまれたり。
大蜘蛛が迫ってるのに、赤ちゃんを気にしながらフライ返しであしらうタンポポお母さんが最強すぎて笑えたりとか。
はなかっぱ世界ののほほんテイストも失わず、そして最後は決して誰も悪者になることはなく、めでたしめでたし。で終わったのでした。


ゲスト声優さんの情報は全く知らなかったんですけど、ポル王子の教育係を演じた松嶋尚美さんはもう、聞いただけで一発でわかりましたねぇ。王子がいなくなって慌てふためく感じが、いつものまんま松嶋尚美さん。にぎやかしい感じが役柄にぴったりハマってました。
家来のなかにはもっちーといっくんというキャラが出てくるんですけど、その二人はキャラクターの造形と名前で「あぁ!」ってわかった感じです。Every Little Thing の持田香織さんと、伊藤一朗さん。
ELTの二人がそろって出演してるなんて。わずかのセリフとはいえ、よく受けたなぁ。たぶん曲を提供してる絡みだろうなと思ったら、案の定エンディングテーマとしてELTの曲が最後に流れてきました。

江角マキコさんだけは、わからなかったんですよー。蝶の国の女王様。
しかし明らかに声優さんっぽい演技ではなかったので、ふだんアニメには出ないゲストの方なんだろうなと。でも誰だかわからなかった。最後のスタッフロールをテレビの前まで確認しに行ってしまいました。

 

映画「はなかっぱ 花さけ!パッカ〜ん♪ 蝶の国の大冒険」公開は2013年4月のこと

これは「Eテレ春のスペシャルアニメ」と銘打った、Eテレの2014年度末特別番組のひとつだったみたいですね。
今回見た映画の本編、「花さけ!パッカ〜ん♪ 蝶の国の大冒険」の放送に先立って、同時上映だった短編「ザッツはなかっぱミュージカル パンとごはん、どっちなの!?」の放送もあったようです。しかしすでに先週、終わってしまっていたようで。そっちは見逃しました。ざんねん。

「はなかっぱ」の映画が作られたことは、なんとなく知ってたんですよ。
わが家は来客があった時によく宅配寿司「銀のさら」を頼むんですけど、その「銀のさら」が一時期アニメ「はなかっぱ」とタイアップしてたんですね。キッズメニューを頼むと、「はなかっぱ」グッズがついてきて、メモ帳とかプラスチックのコップとかを一緒にもらったりしたんです。
そしてシリアルナンバーを集めると「はなかっぱ」のDVDが当たる!というキャンペーンもやってました。そのDVDが今回放送した映画「はなかっぱ 花さけ!パッカ〜ん♪ 蝶の国の大冒険」のものだったんですね。
・・・そういえば結局当たらなかったなぁ。と今さら思い出しました。

劇中でははなかっぱたちがテレビシリーズのオープニングテーマ曲に合わせて歌い踊るというシーンもありました。そこで使われたのは「はなかっパラダイス」。今井絵里子さんが歌う2012年度下半期のオープニングです。もう2年前のことになるんだな~と、もはや懐かしさすら感じながら聞いていました。


さて楽しんで見ていたと思ったわが家の5歳坊主、「映画『はなかっぱ』 花さけ!パッカ〜ん♪ 蝶の国の大冒険」の放送が終わってしばらくすると、無言で母の方へ歩み寄りギュッとしがみついてきました。その目の下には、ひとすじの涙。
あ、そうか。多分、お母さんが死んじゃったのかも(本当は寝てただけ)、っていうシチュエーションが怖かったんだな。
もうすぐ6歳になるというのに、相変わらずビビりな坊主です。

 

 

当たりそこねた。