読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Eテレ大好き!!

井伊テレ子がEテレの子ども番組や特撮・アニメの感想をぐだぐだと書き綴ります。

BSプレミアム「おとうさんといっしょ」新年度、無事に2年目がスタート!

BSプレミアムで放送中の「おとうさんといっしょ」は2014年4月6日放映分より、新年度になりました。

2013年度から「おかあさんといっしょ」の関連番組として始まった「おとうさんといっしょ」。初年度からいろいろと試行錯誤している様子でしたが、レギュラー陣もそのままに、無事に2年目を迎えることができました。


今年度に入っての新コーナーもありましたが、昨年度下半期にいろいろとテコ入れっぽい企画を仕掛けていた分、今回はそんなにインパクトはなかったかな、という感じです。

半年前の秋のリニューアルでは、スタジオへ付き添いの保護者が踊りながらぞろぞろ出てくるという、衝撃の改革がありましたからね。

参加する親子には収録内容が事前に知らされるわけじゃありませんから、こんなかたちで映っちゃうということを想像だにしなかった保護者がたくさんいたんじゃないかと思われます。

たぶん、お父さんが毛玉だらけのセーターで!とか、お母さんが気を抜きまくったスッピンに近い化粧で!とか、そういうことが多々あったに違いありません。

最初の頃の保護者は全体的に地味めな服装で、ぞろぞろ登場すると画面がやけに暗っぽかったなぁ・・・というのを覚えています。


最近は付き添いのお父さんお母さんも映ることを覚悟して来ているので、わりときれいめの格好をされていたりしますよね。普段着でもちょっとジャケットを羽織ったりとか、色あいのきれいなストールをつけていたりとか。

そういうオシャレ小物を効かせているお母さんを見かけるたび、お、テレビ映り対策してるね、と思いつつ拝見しています。

 


さて2014年度初回、今回は『ダディーマン』がまさかの(?)アニメ化!という一幕がありました。この『ダディーマン』、たしか「おとうさんといっしょ」のオリジナル曲のひとつでしたね。

良質な絵本を見ているような画面デザインと、意外にハートウォーミングなオチで、「母と子のテレビ絵本」を思い出させるような素敵な雰囲気でした。

最近流行りの低予算フラッシュアニメは目にチカチカするものが多くて、色や動きばっかり派手で、なんだかなーと思っているので、同じ予算で大した動きがなくても、こんな感じだったら大歓迎です。



ししゃも大好き☆