読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Eテレ大好き!!

井伊テレ子がEテレの子ども番組や特撮・アニメの感想をぐだぐだと書き綴ります。

アニメ「わしも」2017年度、新しいオープニングとエンディングを歌うのは木村カエラちゃん♪

本日「わしも」の2017年度がスタートしました。

18:00になって「わしも」がはじまると、うちの7歳坊主が騒ぎだしました。「歌が変わってるよー!」と。

 

よく聞いてみると・・・むむ。

音が少し高くなってる。2音ぐらいかな?(音感ないので多分違うと思う)

歌ってるのも、どうやら違う人になったっぽい。

 

で、曲紹介のテロップが表示されたら「歌:木村カエラ」って書いてありましてね。びっくり。

 

木村カエラちゃんですか!これまた有名どころのシンガーもってきたなー!

 

 

 

 

木村カエラちゃん「わしも」に参加

 

「わしも」は宮藤官九郎さんと安齋肇さんが一緒に絵本作った挙句にテレビアニメになっちゃったという作品。

このふたりの名前が並んでるだけでちょっと不穏な空気が漂いますけど。子ども向けの作品なので、下ネタもエロもバイオレンスもないですからね!(笑)

アニメーションに関しては、クドカンとソラミミストが作りだした世界を、脚本家さんや演出家さんたち大勢のスタッフがまたそれぞれに広げてくれているという感じです。

 

Eテレアニメとしては、2013年度のパイロット版放送を経て、2015年1月からはレギュラー放送を開始しました。

そして番組開始当初からのオープニングテーマ曲はこちらでした。

 

「わしものうた」
作詞:宮藤官九郎
作曲・編曲:EDISON
歌:anahata(アナハタ)

 

anahata(アナハタ)さん、っていう女性の方が歌っていたんですけどね。この歌手の名前でほかの作品を探しても全く出てきません。普段は名前を出さずに裏方として活動している方なのか、もしくはこの1曲限りの別名義なのかなという感じです。

そして2017年度からはこうなりました。

 

「わしものうた」
作詞:宮藤官九郎
作曲・編曲:EDISON
歌:木村カエラ

 

木村カエラちゃんが歌ってるだけで、同じ曲です。ただ、アレンジが変わって、キーが高くなっているという感じ。

んーでも1ヶ所だけ、聞いてて「おや?」ってなったとこがあった。

なんとそこ、はっきりと歌詞が変わってたんです。

 

 

歌詞が2017年度版にバージョンアップ

 

歌詞が変わってたのはここです。

2014年型ロボット、最新型のおばあちゃ~ん♪

それがこうなりました。

2014年製ロボット、最新型のおばあちゃ~ん♪

 

いったいどこが変わったのか、間違い探しみたくなってますけど(笑)

2014年「型」が、2014年「製」になったというのが正解です。

 

ここは、かねてからツっこみどころの歌詞でしたからね・・・。2014年型なら最新型じゃないじゃん!って。2015年にレギュラー放送を開始した時にすでにうちの坊主と言い合ってた記憶があります。(ヤな親子だな)

もはや2017年度ですからね。2014年型はバリバリ旧型ですよね。今回新しくレコーディングするにあたって、さすがに変更したんだと思います。

 

しかし2014年型を2017年型にすることはしなかったんですね。登場するわしもが別人になっちゃいますからね・・・。

そんなわけで、2014年製と変えることで、「最新型のモデルなんだけど、作られたのは2014年なんだよ」っていう話に落ち着いたんですね。そこから後に新しいモデルが出てなければ、確かに何年経ってても最新型のままですからね。

下手に現実の西暦に合わせてしまったがために、時間が経って現実にそぐわなくなってしまって苦労したことと思いますけど。つじつまの合わせ方、お見事でした。

 

 

エンディングは新曲「明日も me too」

 

さてエンディングも木村カエラちゃんになりました。こちらは新しい曲になりました。

 

「明日も me too」
作詞:宮藤官九郎
作曲・編曲:EDISON
歌:木村カエラ

 

新しいエンディングテーマ曲はふつうにアニメのエンディングっぽいですね。

「わしも」は英語で「me too」っていうんだよ。っていうほっこりするような表現が入ってます。

それを木村カエラちゃんが暖かみのある人間の声でふつうに歌います。何ていうか・・・ふつうになった。

 

ふつうふつうって連呼してますけど別に悪気はないです。褒め言葉です(笑)

なにせ今までのエンディングがこうだったので。

 

「わしもわしも」
作曲:EDISON

 

作詞も歌も書いてないけど書き忘れたわけじゃありません。ほんとに表示されないんです。

歌詞はわしもわしもわしも~♪ってひたすらメロディにのって繰り返してるだけで。エフェクトが効いた機械っぽい声で、歌い手さんの名前すらありませんでした。

それはそれでクセになるような味があって好きだったんですけどね。

 

なので、「わしも」のエンディングでふつうに人間が歌ってるというだけで、自分のなかではちょっとした大ニュースだったりする。

 

 

ちなみにこの2017年4月3日(月)というのは、新年度のスタート初日で、Eテレのあらゆる番組で新キャラやら新コーナーやらいろんなことが起こりすぎて、嵐のなかにいるようでした・・・。ひいぃ。

7歳坊主も「わしも」を見終わった後、「忍たまも変わるんじゃない?」「おじゃる丸も変わってんじゃない?」って疑心暗鬼を引き起こしておりました(笑)

春休み中の番組も追い切れてないので、落ち着いたらまたぼちぼち。忘れた頃に、なんでこれを今さら!?みたいな感想を書いてるかもしれません。

 

わりとシュール。

 

関連記事

アニメ「わしも WASIMO」、2015年1月5日より月・火で新シリーズ放送開始! - Eテレ大好き!!