読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Eテレ大好き!!

井伊テレ子がEテレの子ども番組や特撮・アニメの感想をぐだぐだと書き綴ります。

「えいごであそぼ」2016年6月のうたは動物親子のジャングルでのふれあい『COME INTO THE JUNGLE』

えいごであそぼ

「えいごであそぼ」2016年6月のうたは『COME INTO THE JUNGLE』です。
さぁご一緒に。

かみとぅざじゃんごぉー♪かみとぅざじゃんごぉー♪かみとぅざじゃんごぉー♪かみとぅざじゃんごぉー♪

 

えーとそれで、これを歌ってる皆さんなんですが。

フローレンスとかショーンとかダリオとか・・・。あれ?過去の「えいごであそぼ」でめっちゃ見たことある名前が並んでるんですけど。

 

『COME INTO THE JUNGLE』

作詞:ブライアン・ペック
作曲:赤坂 東児
歌:フローレンス/ショーン/ダリオ/ビアンカ

アニメーション:雨本洋輔/丸尾朋子

歌詞:
http://www.nhk.or.jp/kids/pv/song/eig_so1606_jungle.html

 

 

 

 

ジャングルでの動物の親子の楽しいふれあい

 

最初に登場するのはゾウの親子。
お母さんゾウが「ジャングルは楽しいわよ~」なんつって子ゾウを誘うわけなんですが、子どもは尻込みしています。
「できないよぅ、できないよぅ」。

でも最後には親子一緒に川に入り、水浴びをする楽しそうな姿が描かれます。

 

次に登場するのはサルの親子。
お父さんサルが「一緒においで~」つって子ザルを誘うわけなんですが、子どもは尻込みしています。
「できないよぅ、できないよぅ」。

でも最後には親子で木のツルのようなものにつかまり、楽しそうに揃ってぶらーんと移動していきます。

 

この歌で効いてるなぁ、というキーワードは「I can’t do it」ですね。できないよ、っていう子ゾウや子ザルのセリフです。

そのやりとりが放り込まれてることで、親子のふれあいに奥行きが生まれてるというか。
ジャングル楽しいよ!ついておいで!というだけの、ポジティブ一辺倒な歌にならないわけです。

ちょっとおじけづいてた動物の子どもが勇気を出して、最後にはジャングルを楽しめるようになった、そんな様子を見ることができるわけですね。

 

映像は切り絵みたいなはっきりした色彩の違いを使った、イラストアニメーション。

ジャングルらしい緑色が背景になってるんですけど、小さな花や果物が鮮やかな赤系なので、対照的にくっきりしてます。

そのなかで、いろんな動物がリズムに合わせて縦揺れしてる動きが、ちょっととぼけた感じもあって可愛いです。

 

最初なんてシッポだけっすよ。

シッポだけいっぱい出てきてぴょこぴょこ縦揺れしてるんですよ。んーラブリー。

 

歌うのはフローレンス・ショーン・ダリオ・ビアンカ

 

今回の『COME INTO THE JUNGLE』を歌ってる方は4人います。

こう書かれています。「フローレンス/ショーン/ダリオ/ビアンカ」。

 

まず注目したのはショーンという名前。
ショーンといえば現在の「えいごであそぼ」テーマ曲『1-2-3 DOOR』を歌ってる少年、ショーンくん。

オープニングで「マンデー!」とか「フライデー!」とか叫んでる男の子です。勝手に「えいごであそぼ」の隠れたレギュラーと呼んでいます。

このオープニング曲を収録した時からはずいぶん経ってますけど、まだ声変わりしてない少年の声で健在のようです。
今回は子ゾウの声を担当しているようですね。

 

そしてダリオという、一度見たら忘れられない変わった名前。
これを見てすぐに思い出したのが戸田ダリオというフルネームです。

このダリオさんは1999年度から2000年度にかけて二年間「えいごであそぼ」に出演していました。その後もたびたび名前を見かけた記憶があります。
調べたら最近ではフローレンスさんと共に2015年12月のうた『SANTA, WAKE UP』を歌っていました。
今回は親ザルの声がどうやらダリオさんとみました。

 

さらにフローレンスさん。
と言っても「えいごであそぼ」に携わるフローレンスさんは思いつくだけでも2人いまして、まずメインキャラクターの着ぐるみBEAの声を演じているのが湯野川祐子フローレンスさんといいます。

ま、でもこっちのフローレンスさんだったらさすがに「歌:BEA」って書くかもなぁ。

もうひとり、「えいごであそぼ」にけっこう昔から歌い手として登場しているフローレンスさんがいます。
2015年12月のうた『SANTA, WAKE UP』を歌っているのもこのフローレンスさんだと思います。

過去のCDではフローレンス・ミノワさんと書いてあるのでそれがフルネームなのかな。あるいはその方も別人なのかもしれないんだけど、そしたら3人いることになるなぁフローレンス。

そんな感じで「えいごであそぼ」にはフローレンスっていう名前は欠かせません。

・・・えーと、どうでもいいけどここまで何回書いたんだろうフローレンスって。

 

最後のビアンカさんだけは初めて見るお名前だと思うんだけど、過去にも出てたらすいません。

フローレンスさんとビアンカさんは、どっちかが親ゾウでどっちかが子ザルですかね。
親ゾウはベテランママみたいなちょっとドスの効いた低い声、子ザルの方がちょっとアニメ声っぽい高めに演じた声と言う感じです。

 

そんな4人がタッグを組んで歌い上げた、2016年6月のうた『COME INTO THE JUNGLE』。

かげながら「えいごであそぼ」を支え続ける歌い手たちが、ひとつのチームを組んで全力でお届けしてます!という気合いを感じました。

 

 

ちなみに「かみとぅざじゃんごぉー♪(Come into the jungle)」を繰り返すサビの部分は4人で力を合わせて歌いあげます。
ジャングルの重厚感を表現しているのかな。ちょっと迫力あります。 

「えいごであそぼ」の月のうたは、ボーカルがたいてい1人か2人。
それ以上人数がいたとしてもそのほかはコーラス隊かセリフ担当というイメージなので、歌い手の4人が同じ比重で出てくるのは珍しいなぁ、なんて思いながら聞いてました。

 

 

 じゃんごぉ。

 

関連記事

「えいごであそぼ」2016年5月のうたはコミカルなパペットたちがひたすら走る!『RUN AWAY』 - Eテレ大好き!!

「えいごであそぼ」2016年4月のうたは新年度の絵本を紹介『KINGDOM OF PISTACHIO』 - Eテレ大好き!!

「えいごであそぼ」2015年12月のうたはクリスマスソング!『SANTA, WAKE UP』 - Eテレ大好き!!