読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Eテレ大好き!!

井伊テレ子がEテレの子ども番組や特撮・アニメの感想をぐだぐだと書き綴ります。

「おかあさんといっしょ」2016年6月のうたは、幼な子にゆったり歌ってあげたい『おしゃれフルーツ』

おかあさんといっしょ

6月に入り、関東もきのう梅雨入りのニュースがありました。

「おかあさんといっしょ」でも月曜から、この季節らしい歌が流れはじめましたね。
スタジオで歌われた『かたつむり』に、ナーニくんが出てくる歌映像『あめだから』・・・。

ナーニくんが傘なんかさしちゃってて、長靴はいてレインコートも着てて、完全に梅雨モードです。

 

そんな2016年6月のうたは『おしゃれフルーツ』です。

 

『おしゃれフルーツ』

作詞:日暮真三
作曲:渋谷毅

イラスト:知野啓
アニメーション:クモトリ

歌詞:
http://www.nhk.or.jp/kids/pv/song/oka_so1606_fruit.html

 

今月は童謡みたいなやわらかい歌ですね。

りんごが赤いのは、小鳥に種を運んでもらうため。パパイヤが黄色いのは、おさるに種を運んでもらうため。
だからフルーツはみんな色とりどりでおしゃれだね。という内容をシンプルな言葉で歌っています。

 

いつもよりもちょっと低年齢向けかなーというイメージがあります。

おうちでお母さんがねんねしている赤ちゃんに優しく歌ってあげている、そんな光景が浮かぶような曲です。

 

 

 

 

手作り感あふれるふわもこフルーツたち

 

この『おしゃれフルーツ』、なんだか赤ちゃん向けで可愛らしいなぁ、というイメージがあるのは映像から受ける印象も強いかもしれません。

りんご、いちご、さくらんぼ、バナナ。ことりにおさる。
たくさんのフルーツや動物たちが出てくるんですけど、みんなふわふわなんです。

このふわふわ、何でできてるんだろう。布フェルトとか、羊毛フェルトとかなのかなぁ。
とにかくそんな手作り感満載の暖かみのある画面です。

フェルトの人形といえば「いないいないばぁっ!」の世界ですよ。
やわらかくて暖かくて、子どもの気持ちまで包み込んでくれるようなふんわかしたフェルトの世界。

そして「いないいないばぁっ!」といえば1歳半前後の乳幼児。
ハイハイやよちよち歩きがたくさんうごめいてて、くぅーったまらん!てな可愛らしい番組です。

そんなイメージがあるもんで画面だけ見てたら、これ実は「おかあさんといっしょ」じゃなくて「いないいないばぁっ!」なんじゃないかという錯覚に襲われます。(それは言い過ぎ)

 

ちなみに曲の途中、映像に関わったクリエイターの名前が画面のすみっこにちょこっと出てくるんですけど、今回の『おしゃれフルーツ』ではこんな風に2組のお名前が表示されてました。

 

イラスト:知野啓
アニメーション:クモトリ

 

クモトリさんは「おかあさんといっしょ」にもよく名前が出てくるクリエイター集団ですね。しょっちゅう名前を見かけると言ってもいいぐらい、Eテレではすっかりお馴染みです。

でもイラストを担当された知野啓さんって?フェルト造形とかぬいぐるみ制作とかじゃなくて?

 

この知野啓さんというお名前はあまり見慣れないので調べてみました。

そしたら、これまでにも「おかあさんといっしょ」で流れてきた曲にも多く関わり、クモトリさんの作品にも多数参加してらっしゃるみたいですね。

最近の「おかあさんといっしょ」では『ようかいしりとり』の美術造形、『おひさまーち』の動画造形。
その他「てれび絵本」や「いないいないばぁっ!」などの番組で、イラストアニメーションやCG制作を担当されてるそうです。

名前が出てこないだけで、これまでもがっつり働いてたんですね。

 

今回の『おしゃれフルーツ』でも、フェルトの登場人物たちやその世界観をデザインされたということのようです。

てっきりぬいぐるみ作家とか、そういう手芸方面のスペシャリストかと思っちゃいましたが、どうやらそうじゃないらしい(笑)

 

作詞・作曲は日暮真三・渋谷毅コンビ

 

作詞は日暮真三さん、作曲は渋谷毅さんです。

どうしてだか、日暮真三さんの名前を見かけるたびに、反射的に『ともだち8にん』の映像がパッと浮かびます。
ほかにもいろいろあるのに、なぜ『ともだち8にん』。

♪とっもだっち~ (めっちゃ早口で)いちにぃさんしぃごーろくしち、はっちにん!

 

言うまでもないですが日暮真三・渋谷毅さんのコンビは「おかあさんといっしょ」に古くから携わり、数多くの楽曲を手掛けてらっしゃいます。

話は逸れますが、日暮真三さんはコピーライターとしても有名な方で、その昔「無印良品」っていうネーミングをつけたのもこの方なんだそうです。
無印どんぴしゃ世代なので、そう言われたらもはや神様みたいな存在です。

 

渋谷毅さんのつけたメロディがまた、素朴にゆったりと流れること。

こういう曲だと、小野あつこお姉さんの歌声の良さがとても活かされている感じがします。

あつこお姉さんはひとつひとつの文字をはっきりと、音程を丁寧にとって歌うんですよね。
だから言葉が早く流れるアップテンポな曲よりも、ゆったり語りかけるような曲の方がご本人も歌いやすいんじゃないかなぁ。

こういう童謡っぽい歌なんて、まさにあつこお姉さんの本領発揮だと思います。

 

 

土曜のコーナーで健在。

 

関連記事

「おかあさんといっしょ」2016年5月のうたは子ども達が楽しくコチョコチョ!『わらうおばけ』 - Eテレ大好き!!

たくみお姉さん降臨!2016年5月のファミリーコンサート『しりとりじまでだいぼうけん』 - Eテレ大好き!!

「おかあさんといっしょ」2016年4月のうたは小野あつこお姉さんがフレッシュに登場『あおうよ!』 - Eテレ大好き!!

「おかあさんといっしょ」にT.M.Revolutionの西川貴教さんが声の出演。初登場は4月27日(水)です - Eテレ大好き!!