読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Eテレ大好き!!

井伊テレ子がEテレの子ども番組や特撮・アニメの感想をぐだぐだと書き綴ります。

「おかあさんといっしょ」2016年2月のうたはKiroroの金城綾乃さんが手掛けた『キミといっしょに』

おかあさんといっしょ

「おかあさんといっしょ」2016年2月のうたは、三谷たくみお姉さんと横山だいすけお兄さんがしっとりと優しく歌う『キミといっしょに』です。

2015年度の月のうたとしては、ラストソングになりますね。

 

『キミといっしょに』

作詞・作曲 金城綾乃
編曲 谷口尚久
アニメーション 井上雪子 

歌詞
http://www.nhk.or.jp/kids/pv/song/oka_so1602_kimito.html

 

あ、金城綾乃っていう名前に反応しました?やっぱり??

 

 

 

作詞・作曲はKiroroの金城綾乃さん

 

「おかあさんといっしょ」2016年2月のうた『キミといっしょに』を手掛けたのは金城綾乃さんです。

そう、Kiroroの金城綾乃さん。Kiroroって聞いただけで名曲がぞろぞろ頭に浮かんできますね。「長い間」「未来へ」「Best Friend」・・・。

これらの歌は2000年前後にヒットチャートを賑わせていました。
それゆえ誰でも知っているメロディですし、シンプルに共感できるような歌詞ばかり。今もカラオケなんかでは、いろんな年代の方が集まるような場で無難なセレクトとして良く歌われてると思います。

Kiroroをテレビで見かけることが無くなってしまっても、楽曲は人の心にまっすぐ届いて、ずーっと長く愛されてるんですよね。

 

さてそんなKiroroのおふたり、金城綾乃さんと玉城千春さんは、現在は母であることに軸足を置いた音楽活動をされているという印象があります。

金城綾乃さんのお子さんは、10歳・6歳・4歳。玉城千春さんのお子さんは、10歳・8歳・6歳、ぐらいなのかなぁ。それぞれ3人もいらっしゃるし、毎日がめちゃめちゃ子育て真っ只中ですよね。
金城さんの下のお子さんなんかはまさに4歳、現役で「おかあさんといっしょ」見てるような世代ですしね。まだまだ手がかかります。母親やるだけでも充分大変だと思います。

 

それでもつい最近、そういえばニュースでKiroroの名前を聞いたばかりです。2015年にKiroroのおふたりとHYの仲宗根泉さんと3人で組んだユニット「さんご」が話題になっていたんですよね。

そのユニット名の由来はもちろん、出身地の沖縄県の美しい珊瑚だということなんですけど、全員出産経験があるということで「産後」にも引っかけてるらしいです。それ聞いた時ずっこけました。なんて生活感アリアリな名前なんだ!と。

そんなエピソードからも、アーティストであるのと同時に、ご自身が母であることを非常に大事にされているんだなぁ。というのがとても心に残りました。

 

ちなみにこれまでにも「おかあさんといっしょ」には結構女性シンガーの方が携わっているんです。
過去にヒットチャートを賑わせた方々といえば、思い起こせば1970年代の谷山浩子さん、1980年代の遊佐未森さん、岸谷香さん。
いずれも「おかあさんといっしょ」に素敵な歌を提供してくれている方々です。

でも今回、それに次いで金城綾乃さんが登場したことで、ぐっと年代が若くなったような感じです。前述の方々はもう50代以上ですけど、金城さんは38歳。

まさしく、現在進行形で母親である方が新たに参入してきたぞー!ってイメージですかね。

 

2015年度のラストソングはしっとりと

 

2016年2月のうた。これは2015年度のラストソングにあたります。

なので、賑やかな歌をチョイスして華々しく締めくくるんじゃないかなぁ、なんて思ってたんですよ。
すでに人形劇ポコポッテイトが終了することも発表されましたしね。キャラクター総出演とかそういうのも有りなのかなぁと。 

そしたら予想に反してゆったりしっとりほんのり系(どんな系よ)の歌でした。

 

三谷たくみ&横山だいすけコンビといえば、この「おかあさんといっしょ」出演8年間という長い年月を通じて、次第にコメディ風の演出が増えていったんですよね。

今や、どんなおちゃらけ演出も軽々とこなしてみせる芸達者なふたり。
ボケたりずっこけたりアホづらしてみたり、笑いに関しては名場面を挙げたらキリがありません。
そのふたりがなんと今回。

 

しっとりと歌い上げていますよ!

それも、ボケ無しでですよ!!(失礼な言い草)

 

三谷たくみお姉さんと横山だいすけお兄さんが、全国のあらゆる子どもたちを見守るかのように、優しく歌う素敵な姿。

それを見ていてもですね。もしや途中でいきなり歌がプツっと切れるんじゃないかと。
「なーんちゃって!(ががーん)」みたいなオチになるんじゃないかと。若干心配でなりません。
もうね、この辺は、お兄さんお姉さんが心配というよりは、そういう演出を容赦なく仕掛けてくるんじゃないかという制作陣への警戒感だったり(笑)。

しっとりと歌っているようでいて、実はどこかにオチがあるんじゃないかとかいろいろ考えてしまいました。もちろんそんなことないですけどね。

 

 

そんなわけで今月の『キミといっしょに』では、三谷たくみお姉さんと横山だいすけお兄さんの、これぞ正統派「おかあさんといっしょ」ソング。という姿を見せてもらいました。

去りゆく2015年度へのはなむけソング。まだ2月の初めだから実感はないけど、これが卒業シーズンの年度末になって流れたらしんみりしちゃうんだろうな。

最終週に流れる「週のうた」に採用されたりなんかしたら、狙いどおり泣いちゃうかもしれないです。

 

 

 就任当初を彷彿とさせる。

 

関連記事

「おかあさんといっしょ」2016年度は新人形劇「ガラピコぷ~」へ交代。さよならポコポッテイト。 - Eテレ大好き!!

「おかあさんといっしょ」2016年1月のうたは作詞・作曲つだみさこ『つるのワルツ』 - Eテレ大好き!!

「おかあさんといっしょ」2015年11月のうたは、坂田おさむさんの包み込むような視点が優しい『メダルあげます』 - Eテレ大好き!!