読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Eテレ大好き!!

井伊テレ子がEテレの子ども番組や特撮・アニメの感想をぐだぐだと書き綴ります。

『恋そめし~方言版~』全国の乙女や元乙女たちが出演!ラブリーに歌って踊る素人参加バージョン♪

「にほんごであそぼ」では9月からまた『恋そめし』が流れはじめました。

この『恋そめし』というのは、ほのかちゃん・さつきちゃん・りんかちゃん・まりちゃん、「にほんごであそぼ」の小中学生お姉さんチーム4人が歌う恋の応援歌。
方言を交えた歌詞も、衣装も踊りも可愛くて、見てるだけでこっちまでキュンキュンしちゃうような曲なんです。

 

2015年春に『恋そめし』が初登場した時には、あまりのラブリーさにキュン死にの視聴者が続出、巷のEテレマニアの話題をかっさらい、なんとこの曲のみシングルでCD&DVD発売が決定されるという異例の事態になりました。

 


チーム・をとめ座「恋そめし」

 

そして今回「にほんごであそぼ」9月のうたとして流れはじめたのは、新たに制作された『恋そめし~方言版~』というバージョンだったんです。

  

 

 

さらに多彩な方言が登場!恋そめし~方言版~

 

『恋そめし』では、ほのかちゃん・さつきちゃん・りんかちゃん・まりちゃんがカメラ目線でこっちに向かって告ってくれるんですよね。「うん、好きよ」「ええ、大好き」。

いろんな方言を使ってその表現をしてくれるというのがひとつの見どころでした。

 

「いきなり好きだどー」「まこっち好きじゃが」「しぇらぐ好きだじぇ」「めっちゃ好っきゃねん」「ほーんに好いとるよ」「うんと好きだに」「ぶち好いちょるよ」

 

新しい『恋そめし~方言版~』ではさらに多彩な方言が登場します。

 

「そんのけらます」「わっぜぇ好っじゃ」「ごっつい好きなんじょ」「へえ好きどすえ」「たんげ好きだじゃ」「あえー好きだしよ」「まうごつ好いとるばい」

 

そして今回のバージョンでは、画面に登場するのは素人さんです。そのご当地の方が、いつも使ってる言葉で言ってくれるんですね。
出演しているのは、見るからにその辺にいそうなお姉さん、おばちゃん、おばあちゃん。それが何ていうかね、味があるんですよ。

例えばですねー、お年を召したおばあちゃんたちが「あえー好きだしよ」とか言ってくれるんですよ。
色恋沙汰とは離れた無邪気な存在に見えてそんなセリフ言っちゃうの、一周まわってめっちゃ可愛いんですけど!!

その後ろにナマハゲを従えてるのもなんか微笑ましい。
ナマハゲがすっかりおばあちゃんたちの添え物というか、心なしか身の置き所に困ってるようにも見えて笑えます。

 

そういう、ご当地の景色や名物を織り交ぜた、味のある画面に仕上がってるんですね。

 

全国のをとめ・元をとめ・元々をとめが歌い踊る

 

この『恋そめし~方言版~』は2015年8月31日から9月25日までの4週間、「にほんごであそぼ」のなかで毎回放送されます。

ただ、フルバージョンで流れることは珍しいです。
だいたいが1コーラス目(うん、ええ)&大サビ(ごっつい~まうごつ)で、たまに2コーラス目(そんの、わっぜぇ)&大サビ(ごっつい~まうごつ)。

いちばん短い場合は、「うん、好きよ」「ええ、大好き」までで終わっちゃうので、あれ?方言は無し!?って感じですけどね。

 

なのでなかなか全部をチェックするのは難しいんですけど、覚えてる範囲で各方言映像をご紹介してみます。

 

  • 「うん好きよ」
    踊っている場所は幼稚園か保育園の園庭。先生が3人と、その手前に園児たちです。セリフ担当は年長さんぐらいと思われる女の子たち。

  • 「ええ大好き」
    たぶん高校生ですかね。教室ではちきれそうに元気に踊っていて、青春って感じです。 

  • 「そんのけらます」(アイヌ語)
    踊りは幼児の女の子たち。セリフを言ってる方は大人の女性で、アイヌの民族衣装で登場しています。こういう言葉聞くと、日本って広いなぁと思います。 

  • 「わっぜぇ好っじゃ」(鹿児島)
    女子高生っぽいチアリーダーたちがオレンジ色の揃いのコスチュームで踊ります。セリフを言ってる背景に見えてるのは桜島。
    『ちゃわんむしのうた』をはじめとした鹿児島ネタ、「にほんごであそぼ」ではよく出てきますよね。

  • 「ごっつい好きなんじょ」(徳島)
    徳島といえば阿波踊り。浴衣に網笠を深くかぶって、しなやかな動きをする女踊りの皆さんです。手つきがとても綺麗。『恋そめし』のリズムにお囃子が聞こえてきそうです。 

  • 「へえ好きどすえ」(京都)
    京都の古い街並みをバックに、舞妓さんが登場。いかにも「好きどすえ」って言いそうな出で立ちなので、セリフにも全く違和感ないですね。

  • 「たんげ好きだじゃ」(青森・津軽)
    津軽市街を見下ろすどこかの丘の上なのかな?参加者の年齢も幅広くて、ご近所さんが集まってみたって感じ。
    セリフの時に持ってる金魚の飾り物は紙でできていて、ねぶた祭りの時に使う金魚ねぶたというものらしいです。

  • 「あえー好きだしよ」(秋田)
    さきほど言った、ナマハゲとおばあちゃんバージョン。これがいちばん好きかもしれない。

  • 「まうごつ好いとるばい」(熊本)
    古さを感じる大きな建物の前です。県庁か市庁舎なのかな?と思って調べてみたけど不明でした。セリフを言ってる場所は熊本城内かなと思います。
    踊っているのがオフィスにいそうな綺麗どころのお姉さん方なので、一時期いろんな自治体や企業で踊る動画が流行った「恋するフォーチュンクッキー」を連想しました。

 

ということで、今回の『恋そめし~方言版~』は素人さんがたくさん出演していて、誰もが参加しやすい、参加してみたくなるような映像に仕上がっていますよね。
これなら自分も歌ってみたい!踊ってみたい!って思った人多いんじゃないかなぁって思いました。 

そのうち、「『恋そめし』踊ってみた」の動画が流行ったりしたら面白いのになー。

手はじめに全国各地のNHK放送局で制作してみるっていうのはどうでしょう。
いろんなご当地の方言入れ込んで、スタッフやらアナウンサーやら総動員したら楽しいんじゃないかななんて妄想してます。

 


好きだしよ。

 

関連記事 

「にほんごであそぼ」人気沸騰のオリジナルソング『恋そめし』、ついにCD+DVD発売決定! - Eテレ大好き!!

「にほんごであそぼ」2015年4月の新曲。女子4人による「チーム・をとめ座」が歌う『恋そめし』! - Eテレ大好き!!