読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Eテレ大好き!!

井伊テレ子がEテレの子ども番組や特撮・アニメの感想をぐだぐだと書き綴ります。

「えいごであそぼ」2015年5月のうた『Let’s play』

えいごであそぼ

「えいごであそぼ」2015年5月のうたは『Let’s play』です。

今月の歌はBOとBEAが歌ってるんですけど、出てくるのはいつもの着ぐるみ姿じゃありません。人が操作するあやつり人形タイプのBOとBEAなんです。

このあやつりバージョン、頭でっかち二頭身なところとか、手から操作のための棒が出てるところとか(笑)、身体がちんまりしてる感じがものすごく可愛らしいんですよねー。

 

『Let’s play』
作詞:ブライアン・ペック
作曲:赤坂 東児
歌:BO&BEA

 

 

 

遊ぼう!遊ぼう!一緒に遊ぼう!

 

楽しげに歌うBOとBEA。今回の歌ではふたりで、タイトルにも出てくる「Let’s play」という言葉をたくさん繰り返します。こんな調子で。

遊ぼう!遊ぼう!遊ぼう!遊ぼう!一緒に遊ぼう!遊ぼう!遊ぼう!遊ぼう!遊ぼう!忍者して遊ぼう!

 

そういえば「Let’s play tennis」みたいなフレーズ、中学生で英語習いたての頃に出てきましたね。

今回の歌詞に出てくるのは「Let’s play ninja」と「Let’s play restaurant」なんですけど、この「Let’s playナントカ」で「ナントカして遊ぼうよ」とか「ナントカごっこしようよ」みたいな意味になってます。

「忍者で遊ぶ」「レストランで遊ぶ」じゃなくて、「忍者やって遊ぶ」「レストランごっこして遊ぶ」なんですね。

 

さらにこの「play」って単語について調べてみたら面白い解説を見つけました。

日本語の場合は「今度遊ぼうよ~」って言い方、大人でも使うんですけどでも英語の場合「play」と言うのは子どもだけだそうです。大人や学生は「play」とは言わないようで、下手すると中学生ぐらいになったらもう「play」って使わないらしいんです。

小さい子どもが発する、可愛らしい雰囲気も含んだ単語なんですね。

 

なりきりごっこのBEAとBO

 

1コーラス目ではBOが忍者に扮します。気づけばそばにいるBEAも、お城のお姫様に早変わり。

あれ、こんな歌どっかで見たことある・・・。

ここで思わず頭によぎったのが、同じEテレ子ども番組「みいつけた!」の曲、『じだいげきだよオフロスキー』。似たようななりきりごっこの歌で、オフロスキーが忍者やお姫さまになるんです。

 

  

よんだ?(オフロスキー)

 

・・・いやよんでない。

 

ということで、ちょっとちょっとBOってば、オフロスキーと一緒だよ!!と画面に向かって呼びかけそうになりました。

しかしそんな風にあっさりネタがかぶるぐらい、子どもにとって「なりきり遊び」は日常のありふれた風景なんですよね。

 

2コーラス目ではBEAがレストランのシェフになって、BOがお客さんです。「ごっこ遊び」も子どもって好きですよね。シェフにパティシエ、電車ごっこに戦いごっこ・・・。
母も巻き込まれて、お砂場とかで子どもに「お団子どうぞ~」って言われて泥団子食わされそうになるとか有りがちです。

 

というわけで、二頭身の可愛らしいBOとBEAがとっても楽しそうに遊んでいた2015年5月のうた『Let’s play』でした。

 

 

「Let’s play」English !!

 

関連記事

「えいごであそぼ」2015年度のリニューアル。絵本の世界のBOO、BIB、BUBが消えた!? - Eテレ大好き!!

「えいごであそぼ」2015年2月のうたはショーン君のソロ曲『LET ME SEE』 - Eテレ大好き!!