読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Eテレ大好き!!

井伊テレ子がEテレの子ども番組や特撮・アニメの感想をぐだぐだと書き綴ります。

「おとうさんといっしょ」12月14日放送分はクリスマススペシャル!

20日の土曜夕方に「おとうさんといっしょミニ」を見ていたら、レオレオれーるうぇいのエピソードはクリスマスにちなんだものでした。セットにはクリスマスツリーが飾られ、赤や緑の小物で彩られていて、すっかりクリスマスだなぁ~って感じでした。

 

 

 

ここで、せいやくんがクリスマスケーキに何を乗せよう・・・と妄想するんですが、果物だけじゃなくコロッケや焼き肉などおかずも乗せはじめて、ポッポのリクエストでケーキの周りにししゃもも刺さって。何でもかんでも乗せられるのかと思いきや、でもヒラメのえんがわは何故か乗せられないというやりとりで終了しました(笑)

こんな風にせいやくんとポッポがふたりでボケて、なおちゃんがところどころでボケを重ねて、シュッシュがひとりで一生懸命ツッコんでる・・・って話、たまに見ますね。

3人でボケ倒すもんだからシュッシュは忙しいんですけど、そのうちボケの3人が意気投合して話を展開し、シュッシュは置いてきぼりをくらっちゃいます。まともなことを言ってるのに、なぜか貧乏くじを引いちゃう印象がぬぐえないシュッシュなのでした。

 


さて、そのまま17:30からBSプレミアムの「おとうさんといっしょ」へとチャンネルを変えると、全く同じスタジオセットでの「レオレオれーるうぇい」でした。この回は2014年12月14日分の再放送だったんですけど、クリスマススペシャル!と銘打ってもいいぐらい、各コーナーがそれぞれクリスマスな雰囲気満載の30分間でした☆彡

 

レオ鉄コンサート「でんでんのうた」


まずはスタジオで子どもたちと一緒に歌い踊る「レオ鉄コンサート」のコーナーから。
今回はオリジナルソングの「でんでんのうた」がセレクトされました。でんでんっていうのは電球を擬人化した愛嬌のあるキャラクターで、夜を明るく照らしてくれるんです。いつもはアニメーション映像で流れる曲ですよね。♪でんでんは、みんなーの、に・ん・き・も・の~♪

クリスマスバージョンでは、コンサートをはじめようとしたら、いきなりスタジオの照明が消えてしまって暗くなっちゃった!というところからはじまります。なおちゃんが「でんでんのうた」を歌いながら、スタジオの子どもたちと協力して明かりを灯していくんですね。せいやくんと子どもたちが、「ぱっと!」といったような歌のフレーズに合わせてクリスマスツリーに手をかざすと、明かりがパッと点きます。ふたつのクリスマスツリーの間を子どもたちの集団が行ったり来たりして、だんだんスタジオが明るくなる・・・というおゆうぎでした。

 

 

遊び隊士イチジョウマン7「セブンサンタのまちがいさがし」

 

今回はゲストの親子は登場せず、イチジョウマン7だけが登場するミニコーナーでした。
サンタクロースの格好で出てきたイチジョウマン7、これから3つのまちがいがあるから探してね!と、格好を変えて再度登場します。正解はサンタクロースの白ヒゲが黒いチョビヒゲ、ブーツがサンダル、白い袋が半透明のごみ袋に変わっているというもの。
ごみ袋って・・・。思いっきりみすぼらしくなってるし。おマヌケな姿のセブンサンタが可愛い、おもしろまちがいさがしでした。

 

銀河特急イチジョウマン7「サンタの国」

 

イチジョウマン7といえば今回、アニメの方もクリスマスバージョンでした。サンタの国にたどりついたイチジョウマン7とズックなんですけど、トナカイがいなくて困っているサンタクロースを手伝ってあげることになります。
実はトナカイたちが出動しなかったのはサンタクロースにプレゼントを作ってあげていたからなのでした。という、相変わらず心温まりつつも脱力するようなストーリーでした。
最後は夜空にトナカイたちとソリに乗ったサンタクロースの姿。大きな文字で「Merry Christmas!!」が描かれて、ハートウォーミングな感じで終わりました。

 

おべんとうさん、そばを打つ

 

「おべんとうさん」はカメラが一般のご家庭にお邪魔し、お父さんが子どもにお弁当を作る姿を撮影するというコーナーです。
いつもはお父さんが慣れないお弁当作りに奮闘し、不格好なたまご焼きなんかを一生懸命作ってみせて、それでも子どもに「美味しいよ!」って言って食べてもらう、ほのぼのとしたコーナーなんですよ。

それが今回のお父さん、いきなりそば打ち始めました。・・・そば打ちって。なにごと。

そして出来上がったのはおよそ幼児のお弁当とは思えない豪華な二段重。お父さん自ら手打ちのそばは、抹茶の粉を混ぜ合わせて茶そばに。ブロッコリーをあしらい、そばの緑色をクリスマスツリーに見立てるというアーティスティックな仕上がりに。しかもおにぎりはサンタクロースの顔になっているという美しいキャラ弁でした。しかしそばつゆが必要な時点ですでに弁当の域超えてるでしょ、これ。

娘さんは抹茶が苦手ならしく、リアクションはいまいち芳しくなかったんですが(笑)
愛情を込めるあまり、突っ走りすぎた感のあるお父さんのクリスマス弁当、なかなか素敵でした。

 

定年間近にハマるイメージ。