読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Eテレ大好き!!

井伊テレ子がEテレの子ども番組や特撮・アニメの感想をぐだぐだと書き綴ります。

「きかんしゃトーマス」冬のおはなしセレクション

Eテレアニメ「きかんしゃトーマス」では現在、冬に関するお話を集中的に放送しています。

「きかんしゃトーマス」の舞台であるソドー島では、寒い季節になるとかなりの降雪があるようで、あたりの景色が真っ白になるんですね。映像が見るからに冬らしい雰囲気になってしまうので、そういったお話をセレクトして日本でも冬の時期に放送しているようです。クリスマスのプレゼントやパーティにちなんだストーリーのほか、雪が降ったり線路が凍ってしまったりといった、見てるだけでブルッと震えそうなエピソードも増えてきます。

ちなみにテレ子はこの時期トップハム・ハット卿がしてるマフラーが、緑と赤のクリスマスカラーのしましまになってるのが可愛くてひそかに好きです。

そんな「きかんしゃトーマス」の冬らしいストーリーからいくつか取り上げてみました。

 

こおりついたてんしゃだい

このお話の主人公はゴードンです。

てんしゃだいが冬の寒さで凍り付いてしまい、機関庫で寝られるきかんしゃはひとりだけになってしまいました。きかんしゃ仲間たちは、夜通し仕事をするパーシーのためにその場所を空けておいてあげようと、それぞれに違う寝場所を探します。
しかしゴードンはあそこがイヤ、ここがイヤ、と文句を言い、結局パーシーが寝るはずだった機関庫をひとりじめしてしまいます。
翌朝になると機関庫から出ることもできなくなってしまい、結局仕事ができなくなっちゃって面目丸つぶれのゴードン。というオチでした。

このエピソード、久しぶりにゴードンのゴードンらしさが発揮されたお話でした。というのも、このところ次々と新キャラクターが出てきて、すっかりゴードンの影が薄くなっちゃってるなーなんて思ってたものだから。

ゴードンといえば、仲間の誰よりもパワーがあって急行列車を任されてることが自慢。それを鼻にかけてるところもあって、ちょっといばりん坊なキャラクター。という感じでしたよね。
しかし2010年日本公開の映画でスペンサーという新キャラが出てきます。彼もまたパワー自慢で、トーマスに無用な勝負をふっかけたりとか、やたら上から目線なところがあります。おまけに嫌味なキャラときた。性格の悪さとセリフのインパクトという点ではゴードンを完全に上回ってます。
そして2014年日本公開の映画ではケイトリンとコナーという新キャラが出てきました。彼らは流線型のボディでとにかくスピードが速いというきかんしゃたちです。ゴードンが自慢にしていた急行どころか、それよりももっと速いんです。なんてったって特急きかんしゃというぐらいですからね。

と、いろんな最新鋭の新キャラたちが出てきたおかげで、ゴードンの影はすっかり薄くなってしまいました。かつて栄華を誇った、パワー自慢のゴードン、スピード自慢のゴードンはどこ行った?ってなもんです。

そんなわけでゴードンのちょっと気難しいところ、いばりん坊なところ、傲慢なところがいかんなく発揮された今回のエピソード。ゴードンにとっては不遇のオチだったかもしれませんけど、見ている方にとっては「ゴードンここにあり!」といったエピソードでちょっと安心したりもしたのでした。

 

まっかなおはなのトーマス

タイトルにトーマスとついてますけど、このお話のメインは実は人間たちです。
ノランビー伯爵の傍若無人なムチャぶりと、困惑しつつもそのペースに乗せられているトップハム・ハット卿のやりとりにご注目。

クリスマスパーティでサンタクロース役をすることになったトップハム・ハット卿。ノランビー伯爵はそんな彼に本物の昔ながらのソリに乗って登場して欲しいと言います。
ソリを操縦したことがないトップハム・ハット卿は「危ないんじゃないの?」と尻込みしますが、ノランビー伯爵まるで聞いちゃいません。「HAHAHA!大丈夫大丈夫!簡単だから、ネッ☆」ぐらいの軽いノリで、どんどんコトをすすめていきます。

んーでも全然大丈夫じゃなかったんですね。
最終的にはトップハム・ハット卿の乗ったソリが、凍った坂道を勝手にどんどんと下っていき、あわや危機一髪!という状況に。
トーマスに助けてもらってラストは全員笑顔で終わるんですけど、笑ってる場合じゃないでしょコレ。もっと怒っていいと思うよトップハム・ハット卿。

まーでもこういう、ノランビー伯爵みたいな、人の話を聞かないでどんどん物事を進めるおっちゃんって、どの職場にもいそうな感じがしますね。周りはヒヤヒヤするんだけど結果オーライだからいいでしょ。みたいな。
そんなわけで、強引なタイプにはもっとはっきり断るべきだとか、面倒くさい人には極力関わらない方がいい、みたいな大人な対処方法を学んだエピソードでした(なんだそりゃ)。


昨年度の年末年始には映画の放映があったり、冬のお話だけを集めた1時間スペシャルがあったり、レギュラー放送を毎日放映するようなことも行われていましたね。今年度も「きかんしゃトーマス」のスペシャルがあるのか、冬休みに注目です。

 

ノランビー伯爵も
映画の新キャラですね。