読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Eテレ大好き!!

井伊テレ子がEテレの子ども番組や特撮・アニメの感想をぐだぐだと書き綴ります。

Eテレアニメ「くつだる。」で実写コーナーがはじまった件

「くつだる。」はEテレ「Let's!天才てれびくん」の後に流れるアニメです。

くつしたがだるだるになっちゃうのも、ミートソース食べると服にハネちゃうのも、「いまどき妖怪」ってやつの仕業なんだそうです。

そのいまどき妖怪が見える女子中学生、猫田カオルを主人公に妖怪たちとの日常的なすったもんだをゆるーく描くショートアニメ。
絵のタッチも可愛らしいし、あくまでも普段の暮らしのあるあるな感じでのほほんと見ていられるので、テレ子はわりと好きだったりします。

 

「くつだる。」の影が薄くなっちゃうわけ

でも妖怪と聞くと、何か頭によぎりませんか皆さん。

そう、お子さまたちに超絶大人気、今をときめく「妖怪ウォッチ」。
「くつだる。」とは主人公が小学生男子か中学生女子かで、ずいぶんと世界観の違いはありますが・・・

まさに設定、モロカブリ。
気の毒なぐらい、モロカブリ。

そしてさらに気の毒なことには、かぶってることが全く話題にものぼらないぐらい、テレ子の周りでは見てる人が誰もいません・・・。

 

ちなみに「妖怪ウォッチ」より「くつだる。」原作の方が世に出たのは先らしいです。
ま、妖怪をネタにした作品は世の中に数多ありますから、この程度の設定がかぶったぐらいでは、たいして不思議ではないですけどね。

 

「くつだる。」が放送時間的に微妙になっちゃうわけ

このアニメ、番組的に「Let's!天才てれびくん」内のなかの1コーナーという扱いになってるのも、視聴率が微妙な原因なのかもしれません。
去年まで流されてた「ちび☆デビ!」とか「黒魔女さんが通る!!」とかは、番組内にはさみこまれるようにして放映されていたんですよね。
でも今年の「くつだる。」「ギガントシューター」などは、いったん「Let's!天才てれびくん」が終了した形になった後で始まるんです。

この「くつだる。」が始まる18:45というのはどのご家庭でも、時間的に夕食どきになるんじゃないかと思います。
家族がそろったリビングの食卓で子どもが親に、「ニュースに変えて!」なーんて言われる頃なんじゃないかと。

その絶妙な時間にいったん終了して、一区切りつけちゃうのは、チャンネルを変えろと言ってるようなもんじゃないかと思ったりするわけです。

 

「いまどき妖怪ch」が突然はじまってびっくりしちゃったわけ

さて、10月からメインキャラの声優さんが実写で登場するおたよりコーナーが始まりました。
視聴者の考えた「いまどき妖怪」を紹介するコーナーです。

実写での展開は全然知らなかったんで、いきなりリアルな人間出てきてびっくりしましたけど。
いや皆、若いですね。かわいいですね。
登場してきたのは堀内まり菜さん、金井美樹さん、佐藤日向さん、島ゆいかさん。
ちょっとプロフィールを見てみたら、4人とも高校生ぐらいのお嬢さん方らしいです。

「Let's!天才てれびくん」視聴者層の小学生たちには、身近なお姉さん的な感じで親しみが持てる存在かもしれません。
ちょっとしたテコ入れになるのか、見守っております。

 


よーか~い♪よーか~い♪
って方じゃありません。

 

おとうさんといっしょ~スタジオ収録までの道のり~

NHKのスタジオ収録体験記公開中です☆