読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Eテレ大好き!!

井伊テレ子がEテレの子ども番組や特撮・アニメの感想をぐだぐだと書き綴ります。

「烈車戦隊トッキュウジャー」第34駅『恋は大騒ぎ』感想

大和屋脚本炸裂で、オチまでしっかり決めてくれましたね。

 

ちなみにわが家はこの第34駅が放送される前日、東京ドームシティでの烈車戦隊トッキュウジャーショーに行ったばかりでした。


 

舞台の最後のあいさつで、「明日のスーパーヒーロータイムも見てくれよな!」とライトから言ってもらっちゃったもんで、その言葉どおり家族一同テレビも楽しんで見させて頂きましたよ、ええ。

うちのダンナはドリフ見て育った世代なので、身体を張ったコントが大好きです。明と表参道さんのキスシーンはものすごくツボにはまったようで大爆笑でした。

5歳と2歳はいまいちキョトン?って感じだったでしょうか。当然か。
トカッチがミオのこと好きっていう基本設定もまったく理解してないようです。
第30駅「誕生日のお祝いは」の時みたく、頭にヒヨコのっけて戦ってる・・・とか、ビジュアル的にインパクトがある方がおもしろいみたいですね。

というわけで大人の方が楽しませてもらった恋愛ネタギャグ回でした。


テレ子はトカッチのあたふたした小芝居がおもしろ過ぎて、その姿ばっかりひたすら見つめてずーっと追いかけてしまったんですが、なにげにひそかに、周りでトカッチブームが起きてるような気がします。

うちの2歳の坊主はトカッチがテレビに映るたびに、「こかっち!」と叫んでます。
ちなみに他のキャラの名前は言いません。なぜかひとりだけ、トカッチだけです。
オーバーアクションでコミカルな芝居が多いので、楽しい人だと思ってるんじゃないかと思います。

トッキュウジャーショーに行ったときも、後ろの席に座ったふたり連れのお嬢さん方が、どうやらトカッチこと平牧仁くんのファンで観に来ていたみたいで。
「仁さん」という言葉が何度となく聞こえてきました。
彼女たちはファイナルライブツアーまで頑張るそうです。がんばってね。


平牧君の小芝居が上手いなぁ・・・って話は前にも書いたんですけど、昨日の最後の舞台挨拶のとき、森高愛ちゃんが一瞬言葉に詰まるシーンがありましてね。
会場内にも「間違えた」ってのがはっきりわかるような間違え方だったんですけど。

そのときにトカッチが、隣のミオちゃんをつついて「カグラってばしょうがないよね~」みたいな感じで指さして苦笑するような動きをしてたんです。

この日は初日だったんで、まだみんなも演じることでいっぱいいっぱいなのか、挨拶も決まったセリフをちゃんと言わなきゃ。みたいな感じだったんですけど。
アドリブ的な動きをしてきたのは、唯一、この時のトカッチだけでした。

やっぱ上手いっていうか、キャリアの差ですね。たぶん。

 


来週は一回休み。