読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Eテレ大好き!!

井伊テレ子がEテレの子ども番組や特撮・アニメの感想をぐだぐだと書き綴ります。

「おとうさんといっしょ」ポッポのふわふわポシェットのエピソード

本日の「おとうさんといっしょミニ」はポッポの懐かしいお話でした~。


Eテレ「おとうさんといっしょミニ」は、土曜夕方17:25からのミニ番組。17:00からの「おかあさんといっしょ」&「パッコロリン」が終わったあとに5分間だけ放送されます。

ちなみにこの後17:30から「おとうさんといっしょ」の再放送があるので、タイミング的にそちらの番組宣伝も兼ねていますね。

だいたいわが家も「おかあさんといっしょ」からの流れでBSプレミアムへとチャンネルをかえて、そのまま「おとうさんといっしょ」再放送を見る、という感じでうまくベルトコンベアーに乗せられております。

「ログ・ホライズン」とかのストーリーアニメはまだうちの5歳と2歳には難しいもんでね。

 

「おとうさんといっしょミニ」では時間が限られているので、だいたい「レオレオれーるうぇい」だけを抜粋して流したりとか、何かひとつのコーナーだけを取り上げて構成することが多いようです。

てなわけで今回「ミニ」で放送したポッポのエピソードはちょうど去年の秋のできごとでした。


月から来たお姫さまが、月ウサギを探しているというので手伝ってあげるポッポ。
そんな、珍しくメルヘンチックなエピソードです。

ウサギを探しているはずが、見つけ出すのは「うなぎ」や「うきわ」。
いつもどおりにボケを繰り出すポッポにお姫様がボソっと「『う』しか合ってない」なんて突っ込む一幕もありました。

そして、無事に月ウサギを見つけることができたふたり。
手伝ってもらったお礼にとお姫さまがポッポにあげたのが「雲のポシェット」です。


そう、今ではおなじみですね。ポッポが肩からナナメがけしている、白いモコモコのあれです。というわけで、このポシェットはこの時からついているのでした。

 

このエピソードが放映された2013年秋というのは、ちょうど放送開始から半年ということで、いろんなテコ入れが行われた時期でした。

そのなかのひとつがこれ、ポッポのデザイン変更。おそらく、ちょっと色合いが地味ではないかというような意見があったのだと思われます。シュッシュが首から下げている笛みたいに、何か象徴的なアイテムを持たせてはどうだろう?というアイデアでも出されたのでしょうね。


そんなわけでこのエピソードも、元々はポシェットの登場ありきで、それを一体どうやって持たせるか?というようなところから作られたのだと思いますけど。

お話自体にいつもと変わったちょっと幻想的な雰囲気もあり、ポッポがその後もずーっとポシェットをしていることで、お姫さまからもらったポシェットをすごく大事にしているんだな・・・というのが伝わってきていいお話です。

 


最初はポシェット
無かったんですよ。

 

NHKのスタジオ収録体験記公開中です☆

おとうさんといっしょ~スタジオ収録までの道のり~