読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Eテレ大好き!!

井伊テレ子がEテレの子ども番組や特撮・アニメの感想をぐだぐだと書き綴ります。

5歳児にとってのキャイーン

土曜の夕方、わが家のテレビには「もしもツアーズ」が映ってました。

知らない人もいると思うので説明すると、フジテレビ系の関東ローカルな30分番組で、キャイーンとか三瓶とかキスマイの誰かとかいろいろなゲストが8人グループぐらいで関東近郊のデパ地下やレジャー施設に行くという気の抜けた番組です。(ざっくりした説明でごめん)

この回も、どっかのテーブルを囲んでなんか食べてました。(てきとうでごめん)

 

すると5歳児が発見して騒ぎだしました。

「この人、ウドさん?ウドさん??」

もしもツアーズでは親しみを込めて「ウド」とか「ウドちゃん」と呼ばれるウド鈴木氏です。
決して「さん」付けなんかされようもない状況で、坊主がウド「さん」と呼んだことに一瞬、わけがわかんなくなったのですが。

 

・・・そーか。5歳坊主。

「モリゾー・キッコロ 森へ行こうよ!」の「ウドさん」しか知らないのか!!

 

彼がコンビだということも、キャイーンだということも、「モリゾー・キッコロ 森へ行こうよ!」以外の番組に出ていることも知らなかったのでした。だから、ふとつけたTVで見慣れた姿を見かけて、嬉しくなってしまったらしい。

そういえばこんなネタ、前にもあったね。 

 


で、5歳坊主に「そーだね、ウドさんだね」と相づちを打った母。ついでにこんなことを言ってみた。

 

「奥のメガネの人はフックブックローに出てるよ。ゴージとダツジの、声の人だよ」

「フックブックローに?出てるの?」

「そうだよ」

「・・・ケッサク?」

 

それ、別人ですけど。今ゴージとダツジ、言うたばかりやないかキミ。

 

ウド鈴木氏の相方の天野ひろゆき氏は、Eテレの「フックブックロー」という10分番組でゴージとダツジという双子の人形に声をあて、一人二役で活躍しているのです。

でも声の出演、というのはまだ5歳児には理解が難しかったようで。
「フックブックローに出ている人」=「人間の姿」=「ケッサク君」ということになってしまったのでしょうね。

人知れず、美声を発揮している天野っちでした。



左側の雲にのってる2人が
ゴージとダツジです。双子。